2013年08月20日

Fender Blues Junior の修理

 時事の事はここでは暫く置いて、本道に戻ります。
先日、若い頃、ギター少年だった頃に僕のアイドルだったギタリストが、道でアメリカ兵に殴られて死んでしまったので、自主的に喪に服していたのですが、喪が明けつつあるので、ブログを本筋に戻して再開しようと思います。けっこうネタはたまって来てますので。



KC4B0330.jpg

 Fender Blues Junior の修理をしました。先日友達になった超絶ギタリストのアツミくんの依頼です。この間彼がうちに遊びにきたときに『ここは大丈夫だから』と彼の車をうちの前に車を止めさせたんですが、見事にミドリムシ(orゴキ)にやられてしまったのです。そのお詫びがこのギターアンプの修理です。



 彼は1年ほど前に京都に移住してきたらしいのですが、すごいギタリストです。僕はこんなにギターが弾ける人に生で会ったのは初めてだったので、『もっと弾いてもっと弾いて!』と、夜中なのに僕のギターとアンプでかなりでかい音で長い事ギターを弾かせてしまったんで、うるさかったかも?通報されたかな?。でも、普段は近所の人とは仲良くて、ギターがでかすぎるときは『う〜る〜さい〜!』、『スンマセ〜ン』みたいな感じなので、それに向かいの家は休みの日はよくでかい音でカラオケやってるし、通報ではないかも。だとするとよけいに僕の責任は大きいわけです。



 アンプの状態は、バリバリと雷のようなばかでかいノイズが出るのと、何となくノイジーな感じなので、彼の楽器の面倒を見ている奈良の楽器ビルダーに相談したところ、”真空管を交換”との事で真空管をその楽器屋さん経由で買って彼が自分で差し替えたらしいのですが、真空管が新しいのに、小さい音でもぼろぼろに歪んでしまってもとよりさらにだめになった、、、とのこと。

 電話でこの話を聴いたんですが、だいたいこれだけで事前にざっくり診断はつきました。

 雷のようなノイズは真空ソケットが古くなって熱と振動でゆるゆるになっているせいです。新品に差し替えたら音が余計に歪むようになったのは、ソケットのかなり深刻な接触不良のせいか、もしくは新品の真空管が元から死んでいる。ノイジーなのは、ノイズが”ザ〜”系の音なら6割の感じで初段管の劣化、”ジ〜”系の音ならほぼ原因の8割は電源回路のダイオードとコンデンサーの性能劣化です。
 『元の古い真空管に戻して鳴らしてみて』との電話での僕の指示に、『戻したら使える程度に歪まなくなったけどノイズは元のまま』とのこと。ほぼ故障は上記の範囲で決まりです。
 後日アンプを彼の家に引き取りにいくと、グルーブチューブの赤いロゴが真っ白になった、文字通りとうの昔に”灰になってしまった”EL84が刺さっていました。ギターアンプでEL84は寿命は短いです。

KC4B0311.jpg

 修理前です。真空管は”新品”の方に差し替えてます。真空管が二本指で軽く抜き差し出来るほどにソケットが緩んでいます。鳴らした状態で真空管を揺すると、雷ノイズが出ます。ソケットは見た目きれいですがガバガバです。シャーシ内に2003年製造の表記があります。

KC4B0316.jpg
 解体を進めます。真空管ソケットはサブの基板に載っていて、平行線で結線されています。真空管アンプの出音には良くない配線方法ですので、この契機にサブの基板をやめて配線をやり変えてしまう事にします。

KC4B0319.jpg
 結線をメモりながらコネクターを基板から抜いていきます。

KC4B0320.jpg
 メイン基板をはずしました。

KC4B0321.jpg
 外した基板です。真空管への結線がPCに使うような帯状の平行線、さらにサブ基板にソケットが載っていると、アマチュアのオーディオマニアから見ると全くあり得ない作りです。プレートとグリッドの配線が隣り合ってます。プレートとグリッドは、電位差が数百ボルトとかありますし、しかも信号が逆相なので近づけてはいけないのです。カソードとグリッドは近くても大丈夫です。

KC4B0322.jpg
 写真では分かりにくいのですが、電源回路の一番頭のコンデンサーが微妙に楕円になっています。液漏れ寸前と思われるので交換です。あとは高圧回路のダイオードも交換します。壊れていなくてもこの2つが”ジー”音ノイズの原因の事が多いです。

 KC4B0323.jpg
 基板裏の部品の足を曲げる方向がまずい。機械組み立てだからしょうがないのでしょうが、真空管の回路はいたるところ電圧が高いので隣との配線間の距離が近いのはまずいのです。足の曲げ方向を修正しながら半田を全部盛り直しました。

KC4B0325.jpg
 新しいソケットを取り付けて配線の途中です。ガイシ(磁器)でできた熱に強いソケットを使います。別に高価ではありません。

KC4B0326.jpg
 回路を読みながら配線の検討中です。メイン基板からソケットへ直配線に改造します。配線の間が離れるので音が微妙にシャキッとするかもしれません。不用意に電線を束ねたり基板を詰めて小さく作ったりすると音がドロッとした感じになるような気がします。

KC4B0329.jpg
一応修理完了です。電源のコンデンサーは手持ちの関係で47uFから200uFのブロックコンデンサーになり、かなり大きくなっています。ダイオードも高圧電源の部分のものだけ交換しました。ダイオードやトランジスターは、意外と壊れていなくても劣化します。

KC4B0331.jpg
 組み立て直して鳴らして見ます。ノイズは全くなくなりました。小さな音でしか鳴らしてないんですが、カリンカリンのくせにプリンプリンみたいな、いい音がします。EL84ってギターアンプではすごく良い音しますよね。

KC4B0333.jpg
 交換した部品です。製造から10年と、まだそんなに古くないのと、元の音の素性は変えないようにとのことで余計な部品は交換しませんでした。死にかけのコンデンサー1個と、ダイオード4個と真空管ソケットです。ソケット周りのサブ基板は、せっかく手仕事で修理するんだからこれはやり直しておくべきでしょう、、、って事で。
タグ:修理
posted by dico at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

DIATONE P610

 コーン紙にカビが発生してしまったDIATONE P610の修理と、スピーカーボックスを作り直しました。

KC4B0257.jpg

 湿気やすいサッシ窓を背にした場所に置いていたのと、中の吸音材が木綿系の綿だったためか、それとも家が築40年と古いせいか?カビがスピーカーボックスの中に生えてしまったんですが、なんとか死なせずに延命させたいと、いろいろと考えていたんですが、、、。
 このP610は2セット目で、最初は大学時代、下宿してた頃に買って部屋でコンパネで作ったハコに入れて聴いてたんですが、作りが安っぽいし後ろの磁石も小さいしってんで、友達にあげちゃったんですが、ところがそのあとこれ以上のスピーカーに巡り会わなかったんですね。
 で、あげちゃったのをすごく悔やんで、しかも生産中止になるらしいってので、最終生産のP610を買い直したのを、もう15年ほどもメインで使っています。磁石がアルニコマグネットのスピーカー独特の音ってなんかあるんですよね。自然な感じで癖がないっていうか。

 で、結局コーン紙の補修にはオイルステンを塗りました。コーン紙の裏側がクリーニングで荒れてけば立っていたので何か塗っておきたかったんですが、オイルステンが防水防カビ効果もあるし質量付加がなくて音に影響が少ないかなと思ったんで。そのせいで、外周のダンパー(なんと革製)の茶色が少し黒っぽくなりました。
 最初はクリアラッカーを塗っておこうかと思ったんですが、けっこう重さがあるので音が変わってしまいそうなのと、経年でパリパリになってしまったらまずいって事でやめました。ネットで調べてみると、柿シブを塗るってのもあるみたいですが。柿シブは提灯とか番傘とかの防水に大昔から使われてるんですが、番傘とか提灯ってまめに塗り直してやらないといけないんですよね。柿シブは音には良くても多分長持ちはしない。

 KC4B0243.jpg

 ハコも作り直しました。21mmのベニヤで、容積は約35Lなので、このスピーカーには小さすぎるらしいのですが、置き場の問題もあるのでこれくらいの大きさで設計しました。低音はアンプで少し上げてやらないと不足気味です。形は友達にあげてしまった初代とよく似た感じです。
 メーカー製の手頃な価格のトランジスターアンプとかだと、トーンコントロールでベースを上げたりすると聴けたもんじゃないんですが、プリアンプが真空管式でCR型のトーンコントロールだとけっこう素直な感じで聴けると思ってます。
 
 KC4B0256.jpg

 ネットワークは、P610の方はスルー、ツイーターは1,5uF+0.35uHです。かなり高音よりのローカットですが、相手がフルレンジなのでツイーターは一番高いところをほんの少し足してやる感じが良いです。P610はツイーターはいろいろ試しましたがホーンとかドーム型は相性が悪くて、しかも同じダイアトーンのTW503でないと何となく合体して一つの音になってくれない感じがします。

KC4B0258.jpg

 配線はスピーカーの端子にしっかりハンダ付けします。ハンダ付けは酸化で導通が怪しくなる事が少ないです。でもスピーカーの端子側は磨いて、導線をしっかり絡げて銅同士を接触させておいてからハンダ付けをしないと、はんだは意外と抵抗があるので8Ωとかのローインピーダンスな部分では影響が出るかもしれません。
 オーディオマニアの間で、スピーカーの配線はハンダ付けしない方が良いってんで、ネットワークまでスリーブでカシメて作ってたりするみたいですが、僕はあんまり意味ないと思います。なぜかというと、スピーカーへの音声信号はアンプの中でしこたまハンダ付けを通ってますから。使ってるアンプをばらして終段トランジスターのエミッターの足から先をカシメ配線にやり直すぐらいしないと意味ないです。

 KC4B0260.jpg

 出来上がって鳴らしてみています。前のボックスよりも大きいんで少し低音がしっかり出ます。
 バスレフの穴は小さめで、アンプで少し低音を上げてやる聞き方をしています。ハコが大きいと、ハコが低音の出方も音色も左右するので難しいんですよね。ハコが小さめだと、大抵は低音はブヨつかずタイトで、でも出ないのでアンプで補正するんですが、当然低音の感じはアンプがになうところが大きくなります。その場合プリアンプが真空管式の、それも12AX7を使ったCR型トーンコントロールが一番いい感じで(好きで)、トランジスターやオペアンプのプリアンプではあんまり良くないです。

 余談ですが、トーンコントロール無しのステレオって僕はあり得ないです。CDやレコード(音源側)の音作りを信頼してないですし。CDやレコード盤は作ったエンジニアの好みの音質が、録音やミックス、マスタリングの機材の音色で入ってますし、しかもポップスやロックだったらその時代時代の流行って所の商売っけも含んだイコライジングだったりもする訳ですし、それを聴く場合は当然再生側で手直しが必要です。”原音再生”ってよくいわれるけれども、そもそもCDにしろレコードにしろ、データにしろ、音源の盤に”原音”が入っているわけがないんですよね。

 


 



 
posted by dico at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

トラ日記 2013/6

 夜な夜な机に向かってる後ろでは、いつもこんな感じです。
約5分ごとの撮影。大抵はけっこうな音でステレオが鳴ってるんですが、おかまいなしです。

KC4B0251.jpg

KC4B0254.jpg

KC4B0253.jpg

KC4B0252.jpg

KC4B0250.jpg

KC4B0247.jpg

KC4B0246.jpg



タグ:トラ日記
posted by dico at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

エレクトーンの解体!

 今日はエレクトーンの解体をしました。
フライングダッチマンのリー君が持ってきてくれました。彼は本業(副業?)が大型ゴミ屋さんで、時々電子楽器とかオーディオ関係の出物があったら持ってきてくれます。

KC4B0220.jpg

 テクニクスのけっこう古い物で、ぴっかぴかの新品同様、リー君いわく”ほとんど使ったことないらしい、、”とのこと。多分故障無しの完動品。しかし、もったいないけど即解体することにします。エレクトーンって、微妙に使えない空気感を醸し出す楽器なんですよね。無駄にでかいし、それにもったいないからって、欲しがってる人探してトラックに積んで持っていってあげるなんてまっぴらごめんだし。
 このブログみた友達とかが、時々『エレクトーンを処分したいんだけどいらないか?』って電話くれたりもするんだけど、わざわざトラックで取りにいってまでも欲しいってほどの物でもないんですよね。リーくんみたいに持ってきてボンとうちに下ろしてくれると、それはそれで値打ちのある物って訳です。廃棄処理に結構費用かかるみたいなんで向こうも助かってるみたいです。代わりにうちの鉄くずゴミを全部持っていってもらいました。
 近所にピアノ専門の運送屋があって、そこで以前は月に2台ぐらい解体して電子部品だけもらってきてたんですが、これまで6〜70台は解体してます。でもさすがにここ最近はアナログ時代ののエレクトーンもなくなってきたみたいでエレクトーン解体は久しぶりです。

KC4B0221.jpg

裏蓋を開けてみます。基板の量から、一見、DCO(デジタルオシレーター)+アナログフィルターと思われる感じで、ロータリースピーカーが入ってないので、多分1980年代前半から中頃の物です。最近のフルデジタル式なら、同じ機能でも電子回路基板の物量は少なくともこれの1/10以下になります。

 KC4B0223.jpg

 解体を進めます。ここまで20分。基板類と鍵盤を撤去しました。ここからはかけや(木槌のおばけ)を使って打撃で破壊していきます。

KC4B0222.jpg

 なんか魅力的なスイッチ。

KC4B0224.jpg

 打撃破壊により外枠を取り去りました。ここまで開始から30分。

KC4B0225.jpg

 足鍵盤と、電源&パワーアンンプ部分を取り去ります。後はスピーカーとスピーカーグリルの布をはずして、丸鋸で木材を10cm角ぐらいに刻んで袋詰めすれば終了です。金属類はくず鉄屋に持っていけば500円ぐらいにはなります。

 KC4B0226.jpg

 戦利品!

 フルレンジスピーカー3個、1個は打撃破壊でつぶれてしまいました。電線少々と、基板の古IC類です。
IC類は、テクニクスだけあって松下製の古いオペアンプ、AN6551と、AN6552が多数、JRC4558が多数、その他は
STK465(30wx2ステレオアンプIC)が2個
BA6110(電子ボリュームIC)多数
MN3005、MN3004,MN3006(アナログエコー、ディレイ)各数個、、、
ってな感じでした。



タグ:がらくた
posted by dico at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

FirebirdのPU交換

 Gibsonのファイアーバードを長年愛用してるんですが、使いだして16年になります。PUをP90からハムバッカーに交換して弾いてました。1965年製で、けっこう状態の悪いものを安く買ったのでオリジナルのP90は買ってすぐ断線してしまったのです。取り付けねじの締めすぎでピックアップがくの字に折れてしまった状態で、それでピックガードごと作り直してPUをのせ換えていたんですが。当時P90のフィーリングがあまり好きではなかったのでHBにのせ換えて長いこと使ってたんですが。その生き残ったPUはいまSOFTで僕の自作ギターに載ってがんがん活躍しています。

 でも最近調子が悪くなってきたので、元の姿に戻してみることにしました。古くなって音を拾うようになってきて、歪ませた時のハウリングが激しくなってきてステージで使いにくくなってきました。それと最近バンドがなんかシングルコイルの音のほうがいいかな?って感じもあってのことなんですが。
KC4B0002.jpg

大枚をはたいて、ダンカンのP90を3個購入しました。でもこれは、オリジナルのギブソン製のP90に比べて、5〜6mmも厚みがあるので、ギター本体のほうのピックアップの取り付け穴を掘り下げてやらないと取り付けが出来ません。ギブソンのやつはほぼ黒いプラスチックケースから後ろがはみ出していなかったように思います。

PAP_0002.jpg

 取り付け穴をトリマーで掘り下げ作業の写真です。導電塗料が緑色に錆びています。15年ぶりにオリジナルのピックガードを出してきましたが、ギター本体に合わせてみると、激しく縮んでいて合いません。ピックアップの穴も小さくなってP90が入らなくなっていました。昔のギターなんで、ピックガードはセルロイド製なので縮んでしまったのでしょう。でも今のギターのような塩ビ板なら50年ももたないような気もします。

PAP_0000.jpg

 外したお役御免のピックガードとPUです。
PAP_0003.jpg

フロントがダンカンSH2,リアがギブソンのハムバッカーで、元々はオービルのSGについていたものです。このダンカンSH2がかなり外音を拾ってしまって、マイクと化していて、ステージではかなりハウるようになってしまっていました。古い初期のダンカンSH2で、良い音してたんですが。
 
KC4B0001.jpg

 完成です。消えてしまってたファイアーバードのエンブレムも入れ直しました。15年ぶりにオリジナルの姿に戻りました。でも配線はオリジナルではなく、2PUの1ボリューム1トーンに、ミドルPUをミックスする感じの回路です。
_3PU_schematics.jpg



 


posted by dico at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。