2016年02月12日

Deiuxe reverb の改造2

KC4B2515.JPG
 このアンプは同じ年代のものを2台持っているんですが、片方は数年前にオーバーホール修理をして使ってます。もう1台の方藻同じ方からいただいたもで、オリジナルのままもっていたんですが、非常に調子が悪くて押し入れに入れっぱなしになってました。
 今回はこれをライブでメインに使えるよう修理&パワーアップ改造しました。

 修理前は、音量がいまいちで、すぐ歪むし濁っていたんですが、修理にあたってパワーを計ってみると、出力管6v6は新品でも8Ω端子で正弦波クリップが8vぐらい(出力約8w)と、全然だめです。115vの機械なので本来なら昇圧トランスがいるんですが、そのせいかとも思うんですが、でもとりあえずこれでは全然使えません。
 これを、トランスを100v用に乗せ換えて、出力トランスも交換して、6L6GCプッシュプルの40wに改造することにしました。

KC4B2471.JPG

 元の持ち主が1971年に購入したもので、45年前のアンプです。中身は長年放置のためか、腐食とカビでぼろぼろです。はんだと部品の足は白い粉が吹いたようになっています。これはだめなので、すべて撤去して1から作り直すことにしました。
 載せ換えるトランスは、電源トランスがノグチトランスのPMC170、出力トランスはギャレットオーディオの通販でふフェンダーhotrod_deluxe用のものが安かったのでこれを購入しました。
 回路的には、1台目のときはリバーブ音のミックスの部分を変えたんですが、そのせいでゲインが少し下がっていて、すごく澄んだな音でエフェクターが使いやすいんですが、歪みにくい感じです。
今回はそれとは違うのがいいので、フェンダーの回路ままで組みました。AA763の回路です。
でも2カ所だけ、まず電源トランスの-C巻線の電圧が違うので、バイアス電源回路は変えています。あとは6L6のカソードに1Ωをかませて、出力管のバイアス調整とペア取りをやりやすいようにしています。
fendersuperreverbaa763.gif

 フェンダーのオリジナルの紙の基板は手に入りにくいので、ベークライト板にハトメを打って同じものを作りました。部品配置は元のままですが、配線の引き回しは変えています。アースはベタではなく、アース母線を手前側に引きました。それにあわせて、入出力ジャックは絶縁ワッシャを入れています。

PAP_0015.JPG

 出力管は6L6GCで、これは中古やら以前にステレオやギターアンプを作るのに買ったのやらが50本ぐらいあるので、その中からいいのを選びます。このアンプの条件(+B440v、グリッドバイアス-50v付近)できっちりペアが取れたのは、NECの古い6L6GC、ソブテック5881,ロシア製再生産のTangsol,RUBYTUBE,の4ペアです。
 部屋で小さいクリーントーンで弾く感じでは、ダントツにTangsolなんですが、これは球が小さいせいかあまりバイアスを浅くできません。-55vぐらいまで下げないと全開時に赤く焼けてきます。NEC製もガラスは小さいんですが、-50vでもプレートは赤くなりません。RUBYTUBEはさらにアイドル電流を流しても大丈夫です。この辺は歪みの音色の違いになるので、でかい音で鳴らしてどれにするか決めたいんですが、部屋ではできません。
後日スタジオでやることいします。

PAP_0016.JPG
 写真はクリップ直前の、40wぐらい出しているときの波形です。B級アンプ独特の正弦波がとんがった形に歪んで来ています。バイアスが浅い方がこのとんがりはましになります。バイアスが深いと0v付近に段差が出てきます。(クロスオーバー歪み)これが取りきれない場合は+B電圧かSG電圧をを下げて、バイアスを浅くする必要があります。




 
ラベル:Deiuxe reverb
posted by dico at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

300B PPアンプを作る(第6回)

 2台目も配線を仕上げて、テスターでチェックだけしてステレオでしばらく聴いてたんですが、2台目の方の鳴り方が少しおかしい。低音が今ひとつ出てないんで低音がえらく片側に寄っていて少し気持ちが悪い感じの鳴り方をします。
 どこか間違えてるかな?それとも古いタンゴFW50がやっぱり短絡していてダメなのかも?
ということで2台目はもうめんどくさいんでやらなかった測定をしたんですが、パワーも出てるし周波数帯域もしっかりしている。トランスもしっかり生きているし、別段性能は1台目と変わらないはずなんですが。それでも出音は聴いてて分かるぐらいに違うんですね。
 あとの可能性は、真空管やら他の部品やらが新品なのでまだあたりが出ていないってことぐらいです。FW50もおそらく40年ぶりぐらいの通電でしょうし。
1台目の方は、回路変更やら測定やらで1週間ぐらいは既に稼働しているけど、2台目はさくっと配線して球は新品のまま鳴らしてますから。

KC4B1425.JPG

 という事で、新品球のエージングをしました。といってもやり方は分からないので適当です。
最初10w出力ぐらいで1時間、それで十分温もったら、少しクリップするぐらいまで上げて3時間フルパワーのままにしておきました。安全試験もかねて、、。なぜ3時間かって言うと、1台目が測定と発熱の様子見でそれぐらいフルパワー出したかな?って感じだったからです。フルパワーにすると300Bはグロー放電で真っ青になります。

 どうやら読みは当っていたようで、鳴り方の差は分からないぐらいになりました。箱から出してすぐのまっさらな真空管と、すでに数日稼働して、数時間はフルパワーを出しているものとの音の差だったようです。

 
posted by dico at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

300B PPアンプを作る(第5回)

KC4B1415.JPG

 300Bppアンプの5回目です。一応2台とも出来上がって、稼働を始めました。
ロシア製のコピーモデルとはいえ、さすがは直熱三極管っていう音を出してくれています。聞き慣れたレコードでも、長く部屋で鳴らしていた6L6GCppのアンプでは聞こえなかったような音が聞こえてくれます。
『アンプはひとまずここが到達点で十分、これ以上”音質”に深入りする必要はないな』って感じです。どっちにしろこれに飽きても僕のサイフではこれ以上は望めませんから。
 7〜8年前に、友達の廃品回収をやってるD君が突然、『ゴミで真空管アンプがあるんやけど、要らん?』って電話くれて、アマチュアが作った自作のアンプの廃品をもらったんですが、それについていたタンゴのFW50がやっと音を出してくれました。”6L6GC,A級アンプ、1976年製作”と作者のサインがアンプの中にありました。
 その廃品は、回路を間違ったのかバイアスが明らかに浅すぎるのと(6L6に400vかけて,SGを下げずにバイアスは−30vぐらいしかかけれない設計だった。6L6PPはA級固定バイアスなら300vぐらいが限界。5k負荷で+B、SGとも400vならバイアスは−45vぐらいかな?)それとひどい配線とでとても通電するのは恐ろしいような6L6ppのA級アンプだったんですが。
 刺さっていた東芝の6L6は焼け死んでいました。1ヶ月ぐらいは音が出たかもしれませんが。でも設計不良もFW50を焼き切るほどではなかったようです。その1976年にしっかり鳴らしてもらえなかった不遇なタンゴトランスが2014年になってやっと、うちで音楽を鳴らしてくれます。

KC4B1416.JPG

 1台目の製作中に、手持ちのソ連製6SJ7が、これは1993年頃に大阪日本橋で300円ほどで買った中古なんですが、20年ぶりの通電だったせいか自然死してしまったので急遽6SJ7を通販で買いました。運良く1本2000円でRCA製のメタル管が入手出来ました。昔のものでも楽器アンプに使えない球は今でもそんなに高くないですね。

KC4B1408.JPG

 出力管のヒーターを途中で直流点火に変更したんですが、結局交流点火で十分でした。残留雑音0.6mvは初段由来のようで、直流点火の意味はありませんでした。しかもメタル管の6SJ7に差し替えると0.5mvまで下がってくれました。スピーカー(EV PRO8A,能率97db)でもノイズは聞こえない感じです。中の配線はもじゃもじゃで見た目汚いですが。
 あとは、電源トランスのノグチPMC170が、スペック上は170mA取れるはずなんですが、140mAで既に苦しいようで、加熱が激しいので+Bを350vタップから320タップに下げました。

 300Bの動作条件は、+B396v、自己バイアス、カソード抵抗1200Ω、バイアス−67vという感じになりました。購入したエレハモ300Bの4ペアは、WE300Bのデータシートに比べて若干電流が流れにくいようです。パワーは出ないですが多分長持ちしてくれるはずです。電源電圧が変わったので、初段、位相反転段への電源周りの回路も少しいじりました。

KC4B1410.JPG

カソード抵抗の発熱が結構強力なので、カソード抵抗はシャーシの上に出してアルミの放熱版に取り付けました。
 あとは板金屋に頼んでいるパンチングメタルのカバーが上がってきたら完成です。NFBをオフにできるスイッチをつけて音を聴き比べてみようと思っています。
posted by dico at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

発信器が壊れた!

KC4B1152.jpg
 測定用の低周波発信器が壊れてしまった。これはオシロスコープで測定するためのサイン波と矩形波を出すための発信器なのです。僕のはもう長いこと使ってるんですが、中古で買った相当古いもので、矩形波だけが出なくなってしまった。矩形波がないと、できたアンプの周波数特性の感じをつかむことができなかったりとか、色々と不便なので修理しました。

KC4B1155.jpg

 開けてみると、でかいバリコンが入っていて、これで出す周波数を換えるようになっています。古い古い機械で、もちろん回路図なんてありませんから、だいたいの回路を読んでいきます。サイン波は正常に出ているのでとりあえず問題ないはずとして、どこかにサイン波を矩形波に変換する回路があるはずです。

KC4B1156.jpg

 この部分がサイン波を矩形波に変える回路で、回路的にはいわゆる”ただのファズ”です。オーバードライブさせて矩形波を作っているだけの回路です。2SC372という、懐かしい型番の古いトランジスターが3つです。1970年代に汎用品として一番出回っていて安かったトランジスターです。3段アンプのうち2段目から先が信号が途絶えているので、2段目は確実に死んでいます。

KC4B1157.jpg

KC4B1158.jpg

 せっかくなので、古パーツの中から同じ2SC372を使って3つとも交換することにしました。いわゆる”シルクハット型”の古い形のパッケージのやつです。古パーツなので生存チェックだけはしておきます。

KC4B1159.jpg

KC4B1162.jpg

交換してみるとなおったんですが、波形の肩が丸まっていてなんだか崩れ気味です。”ファズ”のゲインが足らないのか?元々はHfeが少ない目のYランクのトランジスターがついていたのでその通りに交換したのですが、初段をハイゲインな2SC1000のBLランクに交換してみると、きれいな矩形波になりました。これで一応修理完了です。

KC4B1161.jpg

 電気工作にはオシロスコープ、低周波発信器、ミリバルの3つの測定機器を使っています。全部中古です。でも最低限のことはこれでできます。

posted by dico at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

God save the Queen!



He ain't no human being...
There is no future...
In Japan's dreaming...


東京オリンピック万歳!!
これで少なくとも2020年までは
フクシマでなにがあろうと
隠される事になります。
国はフクシマをない事にしようと
躍起になるでしょう。
フクシマに目を向ける事は(真実を知ろうとする事は)
国益に反する事に、、、
”国賊”として扱うように、白い目で見るようにと、
テレビがやんわりといい始めるはずです。

なにせ、
ヒロシマが仕方のないことなんですから。
フクシマも当然仕方のないことです。
すべての罪を問われない
法の上に立つ者たちが犯した大罪です。

今はフクシマを直視せず、なかったことのように無視することが
日本人のあるべき姿ですか?
そうしないとオリンピックなんて出来ないですよ。
アルゼンチンで日本はかなりの嘘を言っていますよね。

自分はちっぽけな日本の一市民ですが、
それでも人間だって思いたいから
僕にとっては、こんな国は
認められないってことなんです。
posted by dico at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。