2014年04月24日

;ブログ再開します。

 長らくさぼっていましたが、ブログの方も再開します。
実はその間フェイスブックで色々と書いていたんですが。でもフェイスブックもちょっと飽きてきたんで、徐々にこっちも書きます。

 去年末から作っていた真空管DJミキサーが4台、もう人手に渡っているのですが、皆さん音をほめていただいてます。

 今1台初期不良で修理に帰ってきています。
KC4B1141.JPG

 これの持ち主は、部屋がレコードに埋もれるほどレコードを持ってて、アルテックのパワーアンプとJBL D130に繋がれて鳴っています。もともとプリアンプはマッキンC2200を使ってられたらしいんですが、これの方が音がいいと言ってくれてます。ほんまやろか?
 
KC4B1138.JPG

 故障は、LRのゲインが不揃いでR側の音が大きくなったということで、とりあえず発信器でサイン波をフォノ入力から入れて、入り口から順番にオシロで跛高値を左右で比べながらあたっていきます。不調箇所から先はゲインが不揃いになりますので、すぐに見つけられます。


KC4B1120.JPG

いま、DJミキサー6〜10号機を製作中です。すべてもう行き先は決まっているので、注文は受け付けられません。でもとりあえずDJミキサーは10台で打ち切ろうと思っています。作るの飽きたので。
そのあとも、シーケンサーフィルターやら、CDJ用の真空管ラインアンプやら、長いこと長いこと待ってくれている人がいるので、そっちの方もいい加減作り始めないと。
タグ:その他
posted by dico at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

LED照明とハイブリットカーの話

 最近、LED照明器具が、電気代が高性能なので電気代がお得、エコだということでもてはやされていますが、
笑うに笑えない冗談です。現状、LEDはまだ一般的な蛍光灯に性能で追いつけてはいません。
同じ光の量ならば、同じ明るさならばLEDの方が電気を食います。
僕は普段看板屋をしてますので、『店の看板の照明をLEDに交換して電気代を節約したい』という依頼がときどきありますが、おすすめはしていません。
『電気代の差額は微々たるもの、工事をせずに蛍光灯をマメに交換した方がお得です。』
と説明しています。看板屋をしてる感じでは、現状の屋外用のLED器具が故障無しで5年持つ感じがしない。経験上4万時間なんてとても無理。けど蛍光灯なら3年ノーメンテで持ちますし、球や器具を交換しながら30年以上使える。
しかし、それでも『LEDは電気代が得なはずだ、今そう宣伝してるじゃない?コンビニだってLEDに換えてるよ』てな感じで食い下がる人は結構いて、そういう人のお店にはLED照明を使います。でも騙されてますから。
コンビニは店内照明をLEDに換えて、気にならない程度ですが店内が暗くなっているはずです。

pana_keikoutou.jpg

 これは、パナソニックの建築向けカタログに載っている蛍光灯式の屋内照明のデータです。照明器具の光の量の単位はlm(ルーメン)、効率はlm/w(1wあたりの光量)です。
この器具は8〜12畳用の器具で、光量は9600lm、効率は102.4lm/w、消費電力は89wです。40wの蛍光灯x2、プラス常夜灯か調光器の損失分が9wと思われます。

しかしこれが同じパナソニックでも、LEDだと、、、

pana_led.jpg

これも同じ8〜12畳用の器具で、光量は5350lm、効率は87lm/w、消費電力は61wです。消費電力は少ないですが、それ以上に光量が大幅に少ないのです。でもなぜか同じ8〜12畳用です。
効率が87lm/wと、蛍光灯器具の約80%、蛍光灯の方が同じ電力で明るいということです。

sharp_led.jpg

 シャープのものはもっと悪く、12畳用で5100lm、写真には出てないですがこの器具は86w食います。一番上の蛍光灯40wx2の器具と比べると、ほぼ同じ電力を食って明るさは約3/5です。

つまり、”LEDは高効率”と言う宣伝文句を見つけたらそれは嘘で、
現状は蛍光灯の方がLEDよりも省エネです。
LED照明は、蛍光灯よりも暗くして省エネに見せかけているだけです。
LEDが蛍光灯より虫を寄せないというのも嘘です。かなり虫がたかります。
なんでこんなことになってるんでしょう?

それは、消費者を騙して高いものを売りたいからです。

蛍光灯の光量は40wで約4000lmぐらいですが、同サイズの蛍光灯型LEDで4000lmの製品は簡単に作れるはずですが今のところありません。なぜかというと40w以上食ってしまうからです。根本的にメリットがないことがばれてしまいます。
LEDの超寿命のメリットは、蛍光灯が自分で交換出来ることを考えると多くの場合メリットではありません。
LED照明は40000時間程度と言われる寿命で故障したら使い捨てです。
これは5年で器具ごと交換しろとメーカーは言っていることになります。
照明のLED化は確実に費用が嵩みます。

ハイブリットカーも同じです。
メーカーは消費者を騙して高いものを売っています。それを国は私たちの税金を投入して補助しています。
 環境を考えるなら、プリウスと同じ大きさなら200万弱のカローラみたいな車のミッション車を2〜30万キロまで修理しながら乗ることです。オートマは1割ガソリンを余計に食いますから。
 そうすれば、ばかでかい高価なニッケル水素バッテリーの大量生産をやめさせて、車の生産台数が今の半分位でたりることになりますから、その方がよっぽど地球にやさしいと思います。







posted by dico at 03:49| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

くたばれXXX

 福島原発事故のニュースが、ここの所なぜかタンクに貯めた汚染水漏れの問題に特化されて報道されています。なんだか違和感を感じる。でも、
 これはだめなのかもしれない、、、とも思います。

なぜかというと、旧ソ連がやったように、死ぬのを分かってバケツを持って手袋1枚でウランの燃えかすを拾い集めるぐらいのことをやらないと、まがいなりの収まりすらもつかない、、、原子力事故っていうのはそういう者なような気がするのです。チェルノブイリ原発は、旧ソ連の(死も任務のうちにある)軍隊が大量に入って、それでなんとかあの状態に封じ込めることが出来ているんじゃないかと。
 だから、日本では、そのうち現場で病気や死人が出始めたら(それが隠しきれなくなったら)早晩誰も作業する者がいなくなる。

例えば、僕は日に5万もらっても、10万もらっても、前金で1000万積まれても、福島第一原発に仕事には行きません。仮に自分が作業経験者でもです。実際は、原発作業員は放射能の怖さを本当に知っている訳ですし、エキスパートは事故でおおかた逃げたっていうのが現実なのかもしれない。




 ”秘密保全法”がいま騒がれていますが、これはこのままだとおそらく通ってしまうのでしょう。おそらく賛成派の議員の家が燃えるぐらいでないと厳しいと思います。これは治安維持法、国家総動員法、、、という流れも将来可能になってくるような時代の流れの方向です。
 表向きは自民党を支持しないと市民生活が出来ない、
 赤紙で福一に連行されることになるのかも?
というようなことも、未来の枝葉の先に可能性をもって加わることになる。でも”秘密保全法”も、法の上の人たちが”心ある良き人々”なら全然OKなんですよ。
 消費税も来年から8%になります。真綿で首を絞められるように、徐々に以前は当たり前だった自由がなくなってゆくように思います。クラブが次々と摘発されたりしてるみたいですが、こんな社会に反感を持つ者たちが集まるのをつぶしにかかっているのかな?とも思います。
 歴史は繰り返す、、と格言のようによくいわれますが、それは人は何度でも同じ過ちを繰り返すということなんでしょうか?今、歴史は繰り返して昭和10年あたりまで来ているような気がする。

くたばれ自民党!
posted by dico at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

うそばっかり、うそばっかり!

 この7月に本業の看板屋の方で、とある宇治茶のお茶屋さんの大きな木彫文字看板を彫ったのですが、その事でちょっともめ事になっているのです。具体的な名称などは伏せておきますが、、、ちょっと書いておこうと思います。

 とある建築家の”先生”の下請けとしてその宇治茶の老舗のお店の看板を前から手がけてきたのですが、今年夏前に僕が彫った大きな木彫看板が、勝手に架空の鈴木さんという”有名な彫り師”に彫っていただいた事になっていたらしく、すごく高価な値段で売られていたらしいのですね。
 で、たまたま先日仕事のおりにその宇治茶屋さんの会長さんと僕が別件で電話で話をした事がきっかけで、ばれそうになっているのです。まあいわゆる、池や沼とかによくたたずんでいる鳥さんです。
 昔ながらの彫刻刀で真っ当に彫る木彫り看板の彫り師さんなら、二週間とか1ヶ月とかかけて彫るものを、僕はリューターとかトリマーとか電動工具を駆使して3〜4日とかで彫ってしまうので、ある意味まがい物、安いのです。でも腕的にはエレキギターのネックから作るほどですから仕上がりも遜色ないのです。
 それを利用して、うえの方で詐欺的な商売をするのは勝手なんですが、それってやっぱり馬鹿ですよね。

僕のお得意さんの中には、『ばれなければ嘘はOK,それが世渡りってものよ!』

って感じの人は沢山います。一人で商売してると、ほんとこの国には嘘つきが普通にはびこってるのを感じます。
何となく”団塊の世代”に多く、僕らはそれを苦々しく思いながら育った息子世代です。でも素直に受け継いでしまった馬鹿も同世代には沢山います。戦後の日本は戦前戦中世代が牽引して復興し高度経済成長し、団塊世代が日本を引きずり倒したと僕は思っています。戦争に負けて、昨日の善が今日は悪になり、親たちが道徳を見失ってしまった中で育った世代だと思うのです。

 今日こんな記事を読みました。

 信用がおけない日本会社の典型例

 これはいろんな業界でみんなやってる事です。ばれなければ善、ばれれば悪です。

 ”ソニータイマー”なんかもそうですし。今までに数々の電気製品を分解してきたから分かるのですが、メーカーは製品をわざとに修理出来ない作りにして、”修理出来ない”と言います。修理費がべらぼうに高いのは、修理に莫大な手間がかかるような作りにしてあるからです。例えば、大抵の電化製品はヒューズが中の基板の上についていてユーザーが交換出来ないようになっています。電気に無知なユーザーはヒューズの寿命で壊れたと思って買い替えてくれるのです。ヒューズは寿命のあるものなのでユーザーが交換するべきものです。
 でも日本の電気製品も、1970年代製ぐらい以前のものは、壊れないよう、修理出来るように心がけた作りになっています。

 ”トヨタのプリウスが環境にやさしい”っていうのも僕は大嘘だと思います。プリウスのニッケル水素電池は走行約5万キロしか持たないそうです。で、トヨタは5万キロまで無償保証しているそうです。”寿命前の故障は保証する”っていうのは理屈的には通るのですが。
 電池がだめになった場合の電池交換に数十万かかるそうですから、実際はプリウスは5〜6万キロで廃車にした方が経済的で、修理して長く乗ることは損になります。実際、最初の電池の寿命でほとんどが廃車スクラップされてしまうそうです。ガソリン車なら、5万キロならかなり高く売れますし、第二の人生を歩む車が多いでしょう。ハイブリッド車は割高で短命なのです。

 環境を思うのならヨーロッパのクリーンディーゼル車を買うべきです。ディーゼルエンジンは構造上弱く作る事ができないので頑丈で、20万キロ以上使えますから。でもメーカーからしたら20万キロも使われたらたまったものじゃないわけです。
 ホンダがトヨタに追いつけないのは、ホンダのエンジンが頑丈で壊れにくいからだと思います。”ソニータイマー”は、元来ソニーがものづくり一徹の不器用で、ばれない嘘のつき方が上手ではなかったからだと思うのです。

 経済至上主義の世の中は、無知な人々を騙す商売で回っています。
タグ:時事
posted by dico at 03:57| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

村八分

 山口県の山間の田舎集落で、連続殺人のニュースを連日やっていますね。テレビは避けていますが、犯人は村八分のにされていたんですね。

集落の63歳男逮捕=山中で確保、認める供述―5人殺害、殺人と放火容疑・山口県警

 テレビのニュースは、犯人が頭がおかしいという設定でニュース内容を作っていますが、実際は一触即発の殺すか殺されるかっていう怒りが渦巻いた状態だったんじゃないでしょうか?犯人はかつて町の寄り合いで皆にののしられ、胸を刺された。それを『よくある些細な事』と言ってしまう村人たち、殺す方も悪魔だけれども殺された方も悪魔だったように僕には見えます。本当に『よくある些細な事』なのかも知れないのが怖いです。

 村八分を恐れて個性や正直を押し殺し、思考を殺し、まるでパックの中に並んだ卵のように隣近所と寸分違いの分からない並んだ卵を演じるのです。個性は命取りなのかも知れない。日本人ってそういうものなのかも知れません。


 『ファイト』の歌詞を思い出しました。

  薄情もんが 田舎の町に あと足で砂ばかける って言われてさ
  出ていくならお前の 身内も住めんようにしちゃる って言われてさ
  うっかり燃やしたことにして やっぱり燃やせんかったこの切符
  あんたに送るけん持っとってよ 滲んだ文字 東京ゆき

 
 都会は砂漠、田舎も砂漠。歴史が長過ぎて、日本人の心って沙漠化が進んでしまっているのですか?


__________________

幸せに暮らす事って、”3つの居場所”が必要だと思うんですよね。僕の勝手な持論なんですが。

家、仕事場、遊び場。

 家族や自分、プライベートな世界の確保と、生活の糧のための働く場のコミュニティーと、遊び楽しむコミュニティー。その3つがある程度壁を隔てた三角形の頂点のようにある生活っていうか。
 子供たちが自分の故郷にいられないのは、この3つが絶望的に揃わないからではないのかな。本能的にここにいては幸せになれない事に気づいてしまうから。都会でも仕事と家の繰り返しの生活は辛いものです。

 五体満足なら、きっとほとんどの不幸は”貧乏だから”とかではなくて、幸せってどうすればいいのかすら知らないから不幸なんですよね。
 田舎で子供たちが故郷を愛さないのなら、それは大人たちが幸せの方法すら知らないからかもしれない。この村のように、人々の心が冷たい砂漠では、地域振興も村おこしもどだい無理って言うものです。子供たちは村八分を見せられたら逃げ出したいと思うのは自然な事です。過疎化問題は、子供が帰ってきたくない、人々の心の寒い故郷っていう事なのかも知れませんね。
タグ:時事
posted by dico at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。