2015年11月16日

6B4Gシングルアンプ(1)

 KC4B2447.JPG
 22〜3年ほども前になるんですが、真空管アンプを作り始めて2台目に、RCAの6B4Gという真空管を使って、雑誌の記事のコピーでアンプを作ったことがありました。
 6B4Gというのは2A3の6.3V管で、当時2A3よりも安かったので(確かペアで7000円)それを使って2A3の雑誌の製作記事の回路で作ったのですが、6.3vの直熱管というのはちょっと初心者には手強いもので、ハムノイズを聞こえないぐらいまで押さえるのが難しいのです。
 その真空管がちゃんと鳴らしてやれないままに残っていたので、それをもう一度鳴らしてやろうとおもって20数年ぶりに出して来て、アンプに組んでみました。

KC4B2452.JPG
 6B4Gをドライブする初段管を何かいいのがないかとネット通販を物色していると、79という古そうな見た目が魅力的な真空管が、四国の方のネット真空管屋さんで安く出ていたので、これを使うことにしました。インターネットの時代になって便利になったもので、技術誌を買いためたりデータブックを買いそろえなくても大概の電子部品は型番だけでデータがゲットできます。
 79はB級双三極出力管で、A級用途もデータに出ていて、A級の場合は電圧増幅で6SL7や12AX7と12AT7の間ぐらいな感じ、でもヒーターが12AX7や12AT7の倍の0.6Aも喰うので、ゲインの割にドライブ能力は比較的あると見ました。カソードが2ユニット共通なのでパラレル接続の1段で6B4Gをドライブさせる簡単回路です。

6B4G_schematic.png

 モノアンプ2台なんですが、ステレオに組むよりも楽にノイズを抑えられるからです。音もモノアンプに組んだ方がいい音が出てくれる様な気がします。とりあえずコンデンサーや抵抗は手持ちの安物部品で仮組みして、測定と、聴きながら回路チューニングをこれからする感じです。でも音は既にかなりいい音が鳴ってます。上記の回路で、歪み5%で4w弱ぐらい、残留雑音は0.3mvぐらいです。
 しばらく仮組みで聴いてみて、回路をフィックスできたらちょっと上等なパーツで仕上げようと思っています。

 




posted by dico at 03:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。新潟の高杉と申します。以前機材を購入させて頂きました。
dj用のミキサーの件なのですがまだ創って頂けるのでしょうか?
因みにおいくらくらいですか?
UREI1620より音質良いでしょうか?
お忙しいところもうしわけありません。教えて頂けたらとおもいます。
Posted by 高杉治雄 at 2015年12月28日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429740053

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。