2014年07月13日

300B PPアンプを作る(第6回)

 2台目も配線を仕上げて、テスターでチェックだけしてステレオでしばらく聴いてたんですが、2台目の方の鳴り方が少しおかしい。低音が今ひとつ出てないんで低音がえらく片側に寄っていて少し気持ちが悪い感じの鳴り方をします。
 どこか間違えてるかな?それとも古いタンゴFW50がやっぱり短絡していてダメなのかも?
ということで2台目はもうめんどくさいんでやらなかった測定をしたんですが、パワーも出てるし周波数帯域もしっかりしている。トランスもしっかり生きているし、別段性能は1台目と変わらないはずなんですが。それでも出音は聴いてて分かるぐらいに違うんですね。
 あとの可能性は、真空管やら他の部品やらが新品なのでまだあたりが出ていないってことぐらいです。FW50もおそらく40年ぶりぐらいの通電でしょうし。
1台目の方は、回路変更やら測定やらで1週間ぐらいは既に稼働しているけど、2台目はさくっと配線して球は新品のまま鳴らしてますから。

KC4B1425.JPG

 という事で、新品球のエージングをしました。といってもやり方は分からないので適当です。
最初10w出力ぐらいで1時間、それで十分温もったら、少しクリップするぐらいまで上げて3時間フルパワーのままにしておきました。安全試験もかねて、、。なぜ3時間かって言うと、1台目が測定と発熱の様子見でそれぐらいフルパワー出したかな?って感じだったからです。フルパワーにすると300Bはグロー放電で真っ青になります。

 どうやら読みは当っていたようで、鳴り方の差は分からないぐらいになりました。箱から出してすぐのまっさらな真空管と、すでに数日稼働して、数時間はフルパワーを出しているものとの音の差だったようです。

 
posted by dico at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。