2014年06月13日

300B PPアンプを作る(第3回)

 設計したアンプのゲイン設定の確認とNFB回路の検討です。

300bkairo2.jpg

300Bはこの回路のような普通の電圧ドライブでは振り切れないという事は物の本には良く書いてあります。製作例や製品の回路は、ドライブ回路にパワー管が使ってあったり、トランスドライブだったりする事が多いです。
 でもウエスタンエレクトリックのWE91Bでは、WE310Aという5極管で出力が結構ハイインピーダンスな普通の電圧ドライブの回路になっていますので、その事はひとまず気にせずに音を聴いてみる事にします。

300bpow.jpg

300Bのロードラインから、最大出力を計算します。
出力は最大振幅電圧x最大電流ですから、ロードラインの下側の三角形の面積ということになります。計算上は17.8wで、これから出力トランスでの損失分が差し引かれます。
NFBの計算のために16Ω端子での最大出力時の電圧も算出しておきます。2球合成での最大振幅電圧を、5KΩ:16Ωトランスの巻線比で割って、交流ですからその1/√2が出力電圧となります。

6sj7gain.jpg
初段6SJ7のゲインは約16倍、これはロードラインを読み取るだけで出ます。プレート振幅電圧をグリッド振幅電圧で割った値がゲインです。実際にはNFB回路分の120Ωがアースへバイパスされない分若干ゲインが落ちます。


6sn7gain.jpg
 2段目6SN7のゲインは約14倍、初段のゲインと掛けて入力の224倍の電圧が片側の300Bのグリッドにかかります。バイアスが-70vですから、これをめいいっぱい振るには入力で波高値0.31v、AC約0.21vとなります。

 NFBはとりあえずは6dbかけて聴いてみます。初段の回路では、NFBの戻し点の120Ωのカソード側は入力と同電位となりますので、ここに入力電圧0.21vの半分、0.105vが逆相で戻れば良い事になります。
16Ω端子からのNFB抵抗の値は、16.8/0.105 x 120/2=9600がおおよその値となり、10KΩとする事にします。上の回路図中の9.1Kは間違いです。

posted by dico at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。