2014年06月10日

300B PPアンプを作る(第2回)

 今日は電源部分の設計もやりました。
その前に、きのう設計した分の300Bのロードラインの引き方が間違っていたので修正しました。

300B_Roadline_2.jpg

 回路的にはそのままでOKなんですが、カソード抵抗1.2k、負荷5kPP,+B400v付近だと、グリッド−20v付近で片側の球がカットオフしますのでAB級動作という事になります。

 電源の設計ですが、これも全く凝らない方針です。電源トランスはノグチトランスのPMC170というもので、このクラスにしては安いです。B電源用巻線が350v−0−350vで、5AR4とチョークを通したあとで400vぐらいは出るかな?と見当をつけて、その辺で設計を進めます。
5AR4data.jpg

 5AR4の規格表だと、AC350v入力なら420vぐらいは出そうですが、それにトランスの巻線とチョークコイルの抵抗分が加わるので、実際は400v付近でしょう。その辺は今のところは適当にしておいても大丈夫です。そこからあとの設計は例によってオームの法則と電卓で全部出来ます。トランスの電流容量が余っているので初段の安定化のためにブリーダー電流を5mAだけ流しておく事にしました。ノグチのトランスは加熱が比較的激しいので容量めいいっぱいに使わないようにしました。

300BPP_SCHEMATIC.jpg

 とりあえず一通りの設計が完了です。これでまず1台仮組してみて、不具合な所を手直ししていきます。
DJミキサーの方は、使った12AX7をギターアンプでさんざんいじり倒してきたおかげで良く知っているので、こんなまじめに設計はやらずに、
見当で組んで音を聴いて、ばらして組み直してまた音を聴いて、、という感じで作ったんですが。
パワーアンプは一応壊れないような設計をしておかないと、見当でやってパーツが焼けてしまったら損害が大きいので、最低限これくらいの設計はしないと使うの怖いです。
posted by dico at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。