2014年05月22日

ポールの言い分

 5月24日のポールマッカートニーの大阪公演に行くはずだったんですが、ポールさん体調不良で中止とのことで、残念無念です。

 でも、ほんとは日本に来るの嫌だったんじゃないかとも思います。放射能が心配だっただろうと。
 日本以外の国では、もちろんイギリスでも、福島原発事故の放射能のことは日本国内の報道よりもフェアな報道がされているでしょうし、(もちろん他国のこと、他人事ですから、嘘つく理由もないでしょうし)
チェルノブイリの事故の何倍も放射能が漏れたということも、事故処理はやってるふりみたいなもので全く先が見えないことも、東北や関東までもがいま場所によっては旧ソ連が国民を強制非難させたほどの濃度の放射能汚染だということもニュースなんかで堂々と流れてると思うのです。
 ぼくは今の関東や東北の放射能汚染が、実際にどれだけ人の体に毒なのかは分からないんですけど、それでも嫌だったろうと思います。

 それに、何事もなかったかのように黙っている大多数の日本国民も、外国人から見たら相当不審だと思うのです。『お前ら黙ってそのまま癌でみんな死ぬつもりかよ』って。ステージから見て、日本の無邪気なお客さんたちを前にして『なんてふがいない馬鹿な奴らだ』って思えてもおかしくないですよね。ほんとにポールマッカートニーがそんなことを思っていたかは分からないですが。

 いずれにせよ、ポールマッカートニーが東京滞在で体調を崩したっていうことで、世界の人たちの日本や日本人たちへの見方は少なからず変わるような気がします。本当は放射能と関係がなくてもです。

 このままじゃ世界に、『日本人はやっぱりバカな猿だ』と思われてもしかたがない状況かも知れないよ。
posted by dico at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 反戦・反原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。