2014年01月12日

『神よ、守りたまえ』と、FATMAN

 広島と長崎に原爆が落とされたことは、日本人なら誰でも知っていますよね。
原爆には名前が付けられていて、広島のものは”リトルボーイ”、長崎のものは”ファットマン”という名前だったことも、ほんの少しこの世の中のことにも気持ちが及ぶことの出来る人なら知っていると思います。



 これは長崎の原爆についての動画なんですが、アメリカ軍が爆撃機B-29から投下した原爆は浦上天主堂という大きなキリスト教の教会から500mの所で爆発したわけです。空襲警報は出ていなかった。
結果、約10万人がなくなり、キリスト教徒の多い街ですから、15000人程いたキリスト教徒のうち10000人が亡くなったのです。

 この非道な大量殺戮兵器の犠牲になられたクリスチャンの方々は、原爆の光を見た瞬間、胸の前に十字を切って『神よ、守りたまえ』と祈ったと思うのです。あるいは、その時間もなく高熱で蒸発してしまった方々もいるでしょう。
 そしてその1分ほど前、上空のB-29の中では、原爆を投下するスイッチを押す瞬間、アメリカ軍の軍人たちは胸に十字を切っていたのでは?アメリカという国で、たまたまB-29に乗り込んだ軍人全員が無神論者だったという可能性は少ないでしょう。

 1945年8月9日午前11時に、長崎の上空では、ある人は神に祈りながら無差別大量殺戮兵器を投下し、地上ではその爆発でたくさんの人が神に祈りながら死んだのです。

信ずる者は救われるという言葉は、聖書にありますね。リンクしたページには分かりやすく書いてくださっていますのでご一読ください。

ーー引用ーー
また、人はいつか必ず死にますが、死んだあと、神様に裁判を行われることが定まっています。
つまり有罪なら地獄へ、無罪なら天国へ行くのです。
その時、神様から無罪とされた人は「救われている」のです。
私たちが救われる為の条件は人の努力や修行や悟りによるのではなく、ただイエスを神の子と信じることだけが条件なのです。
 イエスを「信じた」時から、神様に罪の無い者とみなされ、神様に守られて、将来の希望が与えられ、互いに愛し合うという、「救われている」人生を過ごし、そして、死んだ先も天国へと導かれて行くのです。
ーー

 実際は、イエスを信じる者が原爆を落とし、イエスを信じる者が1万人もその火に焼かれて死んだのです。

原爆に焼かれた人たちが
”将来の希望が与えられ、互いに愛し合うという、「救われている」人生” 
だったのでしょうか?


 神の裁きはそれでも"God bless america" なのですか?もしもそうでないのなら、世界中で戦争をした者はすべて地獄へ行くことになりませんか? 僕の知る限りでは、仏様も同じです。こと戦争に関しては仏も同じ決定的な矛盾を私たちに突きつけます。

 神様は生きている者の神様に対する身勝手な解釈をどこまで許すんでしょうか?
いま、米軍は全員地獄へ行く、かつての日本軍は全員地獄へ行ったと、どうか神様は人に告げてもらえないでしょうか?『人殺しも場合によりけり、良い殺生、悪い殺生がある』などどもう言わないでほしい。

僕も神様には手を合わせますが、私事ではなく平和を願うことにしています。
『戦争をする者、戦争をしたいと願っている者を裁いてください。』
とお願いすることにしています。一途の希望です。
そこに”国”なんかありません。




posted by dico at 03:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 反戦・反原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは☆
dicoの真空管DJ mixerの流れでこちらを拝見しました。
ブログの疑問は、時代を超えていつも付きまといますよねぇ。。

私は煩悩の多い「へたれクリスチャン」なのですがw、聖書には信じる=信仰には行動が伴わなければならないと書いてあります。

以下リンクの17節から26節までに書いてあります。
これはイエスの義弟であったヤコブが信者に向けて書いた記述です。
http://wol.jw.org/ja/wol/b/r7/lp-j/Rbi8/J/1985/59/2
(色んなオンラインで読める聖書がありますので、以下はその一つと思ってください)

信じてるなら信じてるなりの行動が、神様から見てもやっぱ大事っちゅうコトです。。

それ故に、当時(あるいは今も)クリスチャンで兵役を拒否した方々もいらっしゃいました。(ご存意かもしれませんが。。)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%AF%E5%BF%83%E7%9A%84%E5%85%B5%E5%BD%B9%E6%8B%92%E5%90%A6

おせっかいにも、何となく感じるトコがあったのでコメントしてみました。。
失礼いたしました。。
Posted by おんちゃん at 2014年05月09日 17:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/384942973

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。