2016年02月12日

Deiuxe reverb の改造2

KC4B2515.JPG
 このアンプは同じ年代のものを2台持っているんですが、片方は数年前にオーバーホール修理をして使ってます。もう1台の方藻同じ方からいただいたもで、オリジナルのままもっていたんですが、非常に調子が悪くて押し入れに入れっぱなしになってました。
 今回はこれをライブでメインに使えるよう修理&パワーアップ改造しました。

 修理前は、音量がいまいちで、すぐ歪むし濁っていたんですが、修理にあたってパワーを計ってみると、出力管6v6は新品でも8Ω端子で正弦波クリップが8vぐらい(出力約8w)と、全然だめです。115vの機械なので本来なら昇圧トランスがいるんですが、そのせいかとも思うんですが、でもとりあえずこれでは全然使えません。
 これを、トランスを100v用に乗せ換えて、出力トランスも交換して、6L6GCプッシュプルの40wに改造することにしました。

KC4B2471.JPG

 元の持ち主が1971年に購入したもので、45年前のアンプです。中身は長年放置のためか、腐食とカビでぼろぼろです。はんだと部品の足は白い粉が吹いたようになっています。これはだめなので、すべて撤去して1から作り直すことにしました。
 載せ換えるトランスは、電源トランスがノグチトランスのPMC170、出力トランスはギャレットオーディオの通販でふフェンダーhotrod_deluxe用のものが安かったのでこれを購入しました。
 回路的には、1台目のときはリバーブ音のミックスの部分を変えたんですが、そのせいでゲインが少し下がっていて、すごく澄んだな音でエフェクターが使いやすいんですが、歪みにくい感じです。
今回はそれとは違うのがいいので、フェンダーの回路ままで組みました。AA763の回路です。
でも2カ所だけ、まず電源トランスの-C巻線の電圧が違うので、バイアス電源回路は変えています。あとは6L6のカソードに1Ωをかませて、出力管のバイアス調整とペア取りをやりやすいようにしています。
fendersuperreverbaa763.gif

 フェンダーのオリジナルの紙の基板は手に入りにくいので、ベークライト板にハトメを打って同じものを作りました。部品配置は元のままですが、配線の引き回しは変えています。アースはベタではなく、アース母線を手前側に引きました。それにあわせて、入出力ジャックは絶縁ワッシャを入れています。

PAP_0015.JPG

 出力管は6L6GCで、これは中古やら以前にステレオやギターアンプを作るのに買ったのやらが50本ぐらいあるので、その中からいいのを選びます。このアンプの条件(+B440v、グリッドバイアス-50v付近)できっちりペアが取れたのは、NECの古い6L6GC、ソブテック5881,ロシア製再生産のTangsol,RUBYTUBE,の4ペアです。
 部屋で小さいクリーントーンで弾く感じでは、ダントツにTangsolなんですが、これは球が小さいせいかあまりバイアスを浅くできません。-55vぐらいまで下げないと全開時に赤く焼けてきます。NEC製もガラスは小さいんですが、-50vでもプレートは赤くなりません。RUBYTUBEはさらにアイドル電流を流しても大丈夫です。この辺は歪みの音色の違いになるので、でかい音で鳴らしてどれにするか決めたいんですが、部屋ではできません。
後日スタジオでやることいします。

PAP_0016.JPG
 写真はクリップ直前の、40wぐらい出しているときの波形です。B級アンプ独特の正弦波がとんがった形に歪んで来ています。バイアスが浅い方がこのとんがりはましになります。バイアスが深いと0v付近に段差が出てきます。(クロスオーバー歪み)これが取りきれない場合は+B電圧かSG電圧をを下げて、バイアスを浅くする必要があります。




 
ラベル:Deiuxe reverb
posted by dico at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。