2014年04月26日

発信器が壊れた!

KC4B1152.jpg
 測定用の低周波発信器が壊れてしまった。これはオシロスコープで測定するためのサイン波と矩形波を出すための発信器なのです。僕のはもう長いこと使ってるんですが、中古で買った相当古いもので、矩形波だけが出なくなってしまった。矩形波がないと、できたアンプの周波数特性の感じをつかむことができなかったりとか、色々と不便なので修理しました。

KC4B1155.jpg

 開けてみると、でかいバリコンが入っていて、これで出す周波数を換えるようになっています。古い古い機械で、もちろん回路図なんてありませんから、だいたいの回路を読んでいきます。サイン波は正常に出ているのでとりあえず問題ないはずとして、どこかにサイン波を矩形波に変換する回路があるはずです。

KC4B1156.jpg

 この部分がサイン波を矩形波に変える回路で、回路的にはいわゆる”ただのファズ”です。オーバードライブさせて矩形波を作っているだけの回路です。2SC372という、懐かしい型番の古いトランジスターが3つです。1970年代に汎用品として一番出回っていて安かったトランジスターです。3段アンプのうち2段目から先が信号が途絶えているので、2段目は確実に死んでいます。

KC4B1157.jpg

KC4B1158.jpg

 せっかくなので、古パーツの中から同じ2SC372を使って3つとも交換することにしました。いわゆる”シルクハット型”の古い形のパッケージのやつです。古パーツなので生存チェックだけはしておきます。

KC4B1159.jpg

KC4B1162.jpg

交換してみるとなおったんですが、波形の肩が丸まっていてなんだか崩れ気味です。”ファズ”のゲインが足らないのか?元々はHfeが少ない目のYランクのトランジスターがついていたのでその通りに交換したのですが、初段をハイゲインな2SC1000のBLランクに交換してみると、きれいな矩形波になりました。これで一応修理完了です。

KC4B1161.jpg

 電気工作にはオシロスコープ、低周波発信器、ミリバルの3つの測定機器を使っています。全部中古です。でも最低限のことはこれでできます。

posted by dico at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

;ブログ再開します。

 長らくさぼっていましたが、ブログの方も再開します。
実はその間フェイスブックで色々と書いていたんですが。でもフェイスブックもちょっと飽きてきたんで、徐々にこっちも書きます。

 去年末から作っていた真空管DJミキサーが4台、もう人手に渡っているのですが、皆さん音をほめていただいてます。

 今1台初期不良で修理に帰ってきています。
KC4B1141.JPG

 これの持ち主は、部屋がレコードに埋もれるほどレコードを持ってて、アルテックのパワーアンプとJBL D130に繋がれて鳴っています。もともとプリアンプはマッキンC2200を使ってられたらしいんですが、これの方が音がいいと言ってくれてます。ほんまやろか?
 
KC4B1138.JPG

 故障は、LRのゲインが不揃いでR側の音が大きくなったということで、とりあえず発信器でサイン波をフォノ入力から入れて、入り口から順番にオシロで跛高値を左右で比べながらあたっていきます。不調箇所から先はゲインが不揃いになりますので、すぐに見つけられます。


KC4B1120.JPG

いま、DJミキサー6〜10号機を製作中です。すべてもう行き先は決まっているので、注文は受け付けられません。でもとりあえずDJミキサーは10台で打ち切ろうと思っています。作るの飽きたので。
そのあとも、シーケンサーフィルターやら、CDJ用の真空管ラインアンプやら、長いこと長いこと待ってくれている人がいるので、そっちの方もいい加減作り始めないと。
ラベル:その他
posted by dico at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。