2013年07月31日

ナチス麻生

 びっくり仰天の記事がありました。

改憲でナチス引き合い 麻生副総理、都内講演で

 <麻生太郎副総理兼財務相は二十九日夜、都内で講演し、憲法改正をめぐり戦前ドイツのナチス政権時代に言及する中で「ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか」と述べた。>


”あの手口”とはいったいなんなのでしょう?麻生副総理はナチスからいったい何を学ぶつもりなのでしょうか?
彼はヒトラーの『我が闘争』に心うたれた口なのかも知れませんね。
今の自民党って”王様”のつもりでいるのが見え見えなんです。しかも誰もクレバーな雰囲気をまとっていない。もしこの火消しがうまくいかなければ、イスラエルのミサイルがこちらを向く事にもなりかねませんし。

みんな選挙にいかないから、国民のたった18%の支持でこんな人たちが日本の政治を任される事になる。馬鹿ですよね、日本人って。
それと、やっぱり僕は自民党に投票した沢山の人々を嫌悪しますわ。



いや、、、

それとも、わざとに”救いようの無い馬鹿”を演じて、”官僚のホンネ”を国民にばらしたのでしょうか?

 今の日本ってナチスに範をとっている感じありますよね。国民抜きで国会の閣議だけで憲法を変えてしまおうっていうんだから、そういう強引な手法はナチスのやり方そのものです。『喧噪の中で、、、うんぬん』は、『憲法は我々が思うようにする。国民は黙ってろ』ってことですから。”全権委任法”のたぐいの法律を国会で通せば彼らは憲法を掌握出来る訳です。
 ナチスは、ファシズムではないと僕は思います。ファシズム(民族主義)に名を借りた支配欲の暴走です。かつてのドイツや日帝も、ソビエトや中国も、今の資本主義も、全部そうです。

タグ:時事
posted by dico at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 反戦・反原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

村八分

 山口県の山間の田舎集落で、連続殺人のニュースを連日やっていますね。テレビは避けていますが、犯人は村八分のにされていたんですね。

集落の63歳男逮捕=山中で確保、認める供述―5人殺害、殺人と放火容疑・山口県警

 テレビのニュースは、犯人が頭がおかしいという設定でニュース内容を作っていますが、実際は一触即発の殺すか殺されるかっていう怒りが渦巻いた状態だったんじゃないでしょうか?犯人はかつて町の寄り合いで皆にののしられ、胸を刺された。それを『よくある些細な事』と言ってしまう村人たち、殺す方も悪魔だけれども殺された方も悪魔だったように僕には見えます。本当に『よくある些細な事』なのかも知れないのが怖いです。

 村八分を恐れて個性や正直を押し殺し、思考を殺し、まるでパックの中に並んだ卵のように隣近所と寸分違いの分からない並んだ卵を演じるのです。個性は命取りなのかも知れない。日本人ってそういうものなのかも知れません。


 『ファイト』の歌詞を思い出しました。

  薄情もんが 田舎の町に あと足で砂ばかける って言われてさ
  出ていくならお前の 身内も住めんようにしちゃる って言われてさ
  うっかり燃やしたことにして やっぱり燃やせんかったこの切符
  あんたに送るけん持っとってよ 滲んだ文字 東京ゆき

 
 都会は砂漠、田舎も砂漠。歴史が長過ぎて、日本人の心って沙漠化が進んでしまっているのですか?


__________________

幸せに暮らす事って、”3つの居場所”が必要だと思うんですよね。僕の勝手な持論なんですが。

家、仕事場、遊び場。

 家族や自分、プライベートな世界の確保と、生活の糧のための働く場のコミュニティーと、遊び楽しむコミュニティー。その3つがある程度壁を隔てた三角形の頂点のようにある生活っていうか。
 子供たちが自分の故郷にいられないのは、この3つが絶望的に揃わないからではないのかな。本能的にここにいては幸せになれない事に気づいてしまうから。都会でも仕事と家の繰り返しの生活は辛いものです。

 五体満足なら、きっとほとんどの不幸は”貧乏だから”とかではなくて、幸せってどうすればいいのかすら知らないから不幸なんですよね。
 田舎で子供たちが故郷を愛さないのなら、それは大人たちが幸せの方法すら知らないからかもしれない。この村のように、人々の心が冷たい砂漠では、地域振興も村おこしもどだい無理って言うものです。子供たちは村八分を見せられたら逃げ出したいと思うのは自然な事です。過疎化問題は、子供が帰ってきたくない、人々の心の寒い故郷っていう事なのかも知れませんね。
タグ:時事
posted by dico at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

戦争・・補足

 ここ数回、ゲロでも吐くように、思う事をかき散らかしましたが、いい加減自分でも一区切りさせて、まとめたいんですけど。

 自民党の安倍さん、石破さんなどの、政治家さんたちが、、、僕は彼らよりも20以上も年は若いんですが、、、NHKテレビなんかで漏れ聞こえてくる彼らの主張、自民党のポスターにある『日本を取り戻す』のスローガンの内容が、あんまりにも低俗でレベルが低く、あんまりに身勝手な彼らの言動に怒りが込み上げてきたんです。元キャンディーズのおっかけ、軍事オタクという噂の石破さんの目には、大日本帝国へのあこがれを感じてなりません。
 でも今の日本国民のほとんどは、石破さんも安倍さんも、1945年の8月15日に、空が昨日よりも青く見えた者たちの子供です。 かつて、”お上たち”は日本国民を地獄へ連れて行った。”お上は”勝てないと分かっていたんですから。8ヶ月は存分に暴れてみせると、、、。それでもこの島を愛してやまない国民たちは、この島の文化、ふるさと、家族を守ろうと、命をかけたのだと思うのです。兵隊たちには、帝国日本を勝たせる事で守りたい何かがあったのだと思うのです。


 どんな清らかな大義があろうとも戦争は殺し合い、この世の地獄です。戦争を肯定する事は愛を否定する事です。”この国を愛する”では地球人類として思考が狭すぎるんだと思います。


 僕は共産主義には賛成しかねるのですが、それは共産主義も資本主義と同じで、究極の上下2階層の身分制度社会にしかなり得ない様に見えるからです。単なる”別タイプの支配方法”です。でも今の日本は、かなり共産主義に近い状況ではないかと思っています。それでも共産党に投票するのは、憲法第9条が、(期せずして)人類最先端の思想だと思うからです。
 今の世の中では憲法9条は通用しないのは分かるのですが、それでもそれを守ろうとする政治家に投票しています。憲法9条が無ければ日本は何の価値もないつまらない国だと思います。戦争拒否を貫いて、”日本”が敗れ去っても、2千年以上もこの島の下々の民が培ってきた文化は揺るがないと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 軍事で、『強い日本を取り戻す』なんていう事は今の日本にはあり得ないと思います。その主な理由は、超高齢化社会と54基の無防備な原発だと思います。
 いま、尖閣諸島やら竹島やら、中国韓国が日本を挑発してきていますが、彼らには勝算があると思います。日本は、金がかかり働かない老人たちを切り捨てない限り戦争は財政的に不可能でしょう。それは医療福祉予算と年金の停止です。爺婆ばっかりの日本国民ですから、戦争となれば国家規模の姥捨てが必須です。
 そして、もし仮に戦争になって日本が強くても、敵は負けそうになれば日本の原発をミサイル攻撃すれば良い。原発を間違いなく狙える誘導ミサイルは、今は北朝鮮でもたくさん持っています。太平洋戦争以来、国際法は破った者勝ちです。その原発攻撃の抑止のために一刻も早く日本を軍国化、核武装したいのかもしれませんね。すべては原発、電力利権の存続のため?なのかも知れません。

 今、ネットでいいたい放題に中国人や韓国人を悪くいう人たちがいますが、彼らは頭が悪い。今の日本の状況が見えていません。日本は状況的に戦争は絶対に出来ない、中国韓国、アメリカと決して争ってはいけない。また、今にわか右翼を語る彼らには、この国の上下2階層構造が見えていないのだと思うのです。この国の平和をけがすのは誰なのか?という事です。誰が鉄砲を持って、飛行機に乗って、戦争をするのか?ってことです。

 今、長年徴兵制でプロの軍隊と予備兵たちを要する韓国軍に、日本の”戦争を知らない子供たち”の孫の世代のもやしたちがにわか兵隊にとられて、いくら最先端の武器があっても勝てる訳が無いと思います。アメリカから買った最先端兵器なんて、F1マシンとか、ストラディバリウスみたいなもの。戦争のアマチュア集団がいくらF22を飛ばしたって、決して強くはありません。日本は軍事強国復活には50年かかります明治維新から日清日露と鍛えていった歴史を辿り直さなければなりません。日本は70年も戦争と無縁だったのですから。
 中国は、国土も人口も桁違いです。技術さえあれば資源は十分にありますし、人が多いですから馬鹿も多いですが天才も間違いなく日本の10倍います。中国が一つになれば知力で日本は全くかないません。

 今の日本は、戦争即滅亡だと思います。

 人類史上、70年も戦争と無縁に存続した”国”って今までにあったのでしょうか?今後の未来を観て日本を考えるのなら、よりどころは否戦非武装の憲法第9条と、永世中立化の模索だと思うのです。”アメリカが押し付けた憲法、どうのこうの、、、”という議論ではない、戦争をしない事は地球人類として一番気高い事だと思います。そうでないと、いずれ地球は核で爆発する事になりかねません。

 もし今日本がどうしても戦争をしたい、強い日本を取り戻したい、武力で周辺国を支配したいのなら、まず即刻原発(腹に撒いた自爆用ダイナマイト)をすべて撤去して、兵隊に行けず働きもしない”お荷物”老人たちに、軍国日本再建の財政のために餓死してもらう事です。

 自民党は、政治家集団だけれども、日本も世界も何も見えていないんじゃないかと思います。”日本”っていう小さな島国の世界の中の特権階級として生まれ育った、苦労知らず世間知らずなおぼっちゃま集団なのかも知れない、、と思います。彼らが日本を引っ張っていくのには僕は反対です。



 長いですが、おすすめです。21世紀、、こういうものを後世に残していただいた事に感謝します。
ある通信兵のおはなし

 このページに書いてありますが、マッカーサーは、日本人の精神年齢は13歳程度だとアメリカの議会で評したそうです。でもそれはマッカーサーが接した日本の”お上たち”のことでしょう。今も日本の政治にに大人のポリシーは感じられませんよね。自己正当化に命をかけ、金に転びすぎて痣だらけっていうか、、、そんな風に見えます。
 
posted by dico at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 反戦・反原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

日本の歴史

 日露戦争の話です。
1904年から1905年にかけて日本はロシアと戦争し、ロシアのバルチック艦隊を破り、勝利しました。
このときの日本の戦艦や武器のほとんどはイギリスとアメリカ製です。日本はまだ自力で鉄で大型船や大型蒸気機関を造る事は出来ませんでした。日本は機関車も飛行機も船も、電子技術もすべて欧米のコピーから出発したのです。
 当時の日本の国家予算が3億弱、戦費に要した20億円のうち18億円を、当時ユダヤを迫害していたロシアと戦ってくれるならと、アメリカのユダヤ銀行家たちが奔走し資金を用意して日本の戦時国債を丸ごと買い上げました。このときユダヤ人社会の資金力とイギリスやアメリカの工業力の協力が無ければ日本は確実にロシアのものとなっていた。しかも当時ロシアは革命前夜、レーニンが台頭し国民の半数は反体制勢力の状態で、極東で戦争どころではなかった。
 その後、日露戦争のための出費でで無一文となった日本の財政を助けたのも、アメリカやイギリスのユダヤ人たちでした。
 結局彼らは、武器を売りその資金を貸すという大商いと、自らの代わりに戦ってくれる代理戦争に成功したとも言える。が、日本は自力でロシアには到底勝てなかったのは事実ですし。事実上ユダヤが日本を救った事になります。ほかに戦争資金を得る手段は無かったのです。
 その後、日本は名実共に強国となり、世界最大の軍艦、世界最高の飛行機を作るまでになりました。明治から大正にかけて、アメリカとイギリスは日本を見方とみて、日本の工業の発展に協力したのです。そしてその武力で真珠湾攻撃、鬼畜米英、日独同盟となる訳です。日本ほど恩知らずな、義理を軽んじる国も珍しいのかも知れない。
 日本は日露戦争の借金を1986年に還し終えました。国民が払った税金で。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 日本人が、”義理人情うんぬん”を言うのは、そのどちらも無いからその事への戒めだと思うのです。日本人の気質の真の姿は、日和見と勝ち馬に乗ること。その実は決して気質は義理堅くない様に思います。社会は道理を軽んじ、裏切りと嘘にあふれ、真実はこっそりとゴミ箱に投げられ蓋をされます。

 古くは小早川秀秋や明智光秀。秀吉が死ねば即徳川。将軍から農民までみんな日和見、風見鶏です。近代では、ユダヤが強いとみればユダヤ、ヒトラーが勝ちそうだとみればナチス。人々は竹槍片手にお国のために命も惜しまない覚悟を表明し、でも8月15日を境に時代はアメリカ、ギブミーチョコレートとなります。

 そして今は、テレビが民主党が旬と言えば民主党に、テレビが自民党が勝ちそうだと言えば自民党に雪崩をうって殺到します。それが日本人の本当の姿なのかもしれません。
タグ:時事
posted by dico at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

”強い”という事は何か?

 選挙行きました。結果は自民党が圧勝でしたね。
 自民党は、”国家社会主義政党”です。大日本帝国直系の精神を受け継いでいる。国民全員に、『国のため(私たちのメンツのため)に死んできなさい。これは命令です』と。数百万人の日本人が死に、広大な領土を失いましたが、軍部、官僚、政治家たちの日本国民への正式な謝罪はなかったと思われます。だから日の丸は認められない。
 そして戦後は、アメリカに忠実な”負け犬”として、アメリカのために日本の国民から富を徴収していると思われます。その後の高度経済成長、続く1980年代の”バブル景気”は、アメリカと日本の上層部が協力して行った”育てて刈り取る”プロセスだったのでは?と勘繰ってしまいます。
 
 TPP加入に際して、『農家の収入は国が保証します』と阿部総理は言いますが、これは『百姓は黙ってろ』ですよね。本当に。
 僕は共産党に入れましたが、今の日本の共産党も、官僚主権国家としての上下2階級構造に対する不満分子を押さえる役目としての下部組織である事は薄々分かっているのですが。そういう意味では、今は共産党も自民党と同じだと思います。


 こんな事書いたらブログ止められちゃうかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 人間社会の中で、”強い”って言う事は何だと思いますか?
それは、”人を殺せる事”なのかも知れません。自分と敵対する人間を殺して相手の人生がなくなる事の悲しみを感じない、精神を崩さず、自分の立場が好転する事を喜べる。脳みその”愛”の部分を欠いていて、人の気持ちを感じない。
 それ以上に強い者は無いのかもしれない。殺しの出来る者に誰も手出しは出来ないし、反抗も出来ません。宅間守の様な人間が国の統治機構や警察の上に立てばどうなるか想像出来ますよね。それが例えば、信長、ヒトラー、スターリン、毛沢東、の様な人たちで、神風、一億玉砕、広島、長崎、ドレスデン空襲、東京大空襲、ホロコースト、731部隊、枯れ葉剤、911、みんな宅間守とよく似た心の持ち主、、、心を欠損し、愛と無縁な人たちにしか発案できない事だと思います。人種、民族に関わらずそういう”悪人”は一定数必ずいて、その中の賢い者は善人の衣をまとって高い地位に登り詰めている。

 殺人者はあまりに強すぎて誰も反抗出来ない、、、どんな組織の中でもどんどん上にのし上がってゆく。
チェルノブイリの数倍とか言われている今の福島の現状に、東京電力にも日本政府にも、”宅間守の心”の存在を感じます。再稼働は、すべては責任逃れのためだと思います。日本政府の目に国民は映っていないのです。彼らの目にはただ畑が広がっているだけです。零戦にはアルミ板1枚だけで防弾装甲が無かったんですから、それに乗る日本国民の命のことを彼らは何とも思っていなかったんです。

 人間、”愛”は生まれつき持ち合わせないのかもしれない。だから愛は人から人へと受け継いでいかないといけないと思うのです。愛はいつも負けてきたのが人の歴史なのかもしれませんね。

 

タグ:反原発 時事
posted by dico at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 反戦・反原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。