2012年12月24日

日本人って、、、

 こないだの選挙の看板のしごともようやく終わって、やっと一息なんですが。

自民党が勝ちましたよね。
僕は選挙には行くけど自民党には入れません。自民党は原発をまた動かしますから。それと、民主党と維新の会、太陽の党だっけ?? この3つの党で得票数の9割ぐらいは行ってるんじゃないですか?
 ということは、日本の国民,少なくとも選挙に行った人たちの8割9割は、”福島やむなし”と考えているか、”福島のことなんて知らん”と考えているかということになってしまいます。自民党も太陽の党も原発推進ですし、民主党は東京電力には責任無しという姿勢でしたから。
 今回自民党を私たち国民が選んだということは、そういうことだと思います。”福島やむなし”です。

 それにしても、なんで”自民党”にあんなに沢山の人が投票するんでしょうかねえ?一般庶民が”自民党”に投票する心理って、何なんでしょうか? ”自民党”といえば、大まかに言うと、役人お代官様と、貴族、田舎の庄屋、冷血な商売人なんかの血筋が集まった組織集団ですから。
 私たち庶民は、太古の昔から”下々の民”として一方的に収奪されて続けてきたのにです。でも今は選挙のある時代だから自由な民主主義を得るチャンスがあるのに、それなのに私たちの自由と民主主義から一番遠い自民党、つまり”お上、雲上人たちの集団”に投票するって、僕には頭がどうかしてるようにしか見えないです。昔みたいに、お上に背いたって別に罰がある訳じゃないのにね。

 よく路上生活者が、刑務所に入りたくて盗みをしたり人を殺したりって話ありますよね。刑務所に入れたら布団もあるし3食飯も食えるし、、、って。自分で自分の人生を生きるだけの力が無い人たちのことです。

 自民党に投票するってそれと似たようなものなんじゃないですか?自由は要らないから、言われた通りしっかり働くから、鎖に繋いで檻に入れてくれと。そのかわり最低限の生活は保証してくれと。今回の選挙でも、自民党は『臭いメシの量を増やす』と言ってましたよね。ばらまき財政のことですが。
 でも実はそれが日本人の本性なのかもしれないと思いました。”日本人”にとっては,今でも社会は自分たちで築き上げるものではなく、誰かが作って勝手にそこにあるものです。大人になることは、自立ではなくて無条件に社会に隷属することなのかもしれません。いまでも”社会人になること”は、お上がつくった社会が求める型に自分をはめ込むことです。
 それでしか、2012年になって、この場に及んでなお”自民党”に投票するたくさんの日本人たちの心理が説明出来ないような気がします。檻に入って鎖につながれておとなしく働いていたいのが”日本人”の本当の姿なのかもしれない。
ラベル:反戦 時事 反原発
posted by dico at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

アイドル

 うちの子たち、2人とも音楽やってて、中学高校と吹奏楽部のマーチングバンドで音楽づけの毎日なんですが、、、そんな子たちが聞いてる今時のアイドル?ファンキーモンキーとか、グリーンとか、スキマスイッチとか、よくうちで聞いてるんですが、、、その他にもいろいろ聞いてるけど、よく分かんないけど。

 でも、いまのアイドルっていうか、流行のミュージックっていうか、なんかすごくテンションが下がっちゃったっていうか、レベルが低い?出尽くしてやることがもう無い???何となく空気感が若くないっていうか。

1960年代、70年代、80年代までは、若いのが勢いで真ん中を突っ切って新しいものをどんどん作ってたように思うんですが、でも今それが萎えてしまってるような、、。

 うちの子たちも、赤ちゃんのころからうちに音楽が絶えなかったせいか、楽器やってるんですが、僕らの世代、80年代の高校生たちみたいに、音楽やってても流行のポップスにのめり込む感じは無いし、”けいおん”なんてマンガがはやってたけど、軽音楽部が”かっこいい”なんて感じも今はどうもあんまり無いみたいです。きっと今はポップミュージックが新しいシーンを作り出す力を失ってしまったんですね。
 これも”少子化”の影響なんでしょうか?超高齢化社会に向かって、文化的なこと、例えば音楽シーンも歩みをとめてしまうんでしょうか??

 きっと、”ロックミュージック”自体が世代の流れに押し流されて、クラシックミュージックになっていくんでしょう。

 僕が中学生のころ、コアな”音楽”っていうところとは別世界の、子供たち向け、万人向けなpopミュージックの,いわゆる”アイドル”の世界もすごく巾が広くて、例えばこんなのもいました。ローティーンのころの僕のアイドルのひとつ。



posted by dico at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

DICO Live

 今週の20日木曜日、Dicoは 北白川Villageでライブします。
どうやらワンマンみたいなんで、ゆっくり気楽にやろうと思います。みんな来てね!


Dicoのライブ予定

12/20日  北白川 Village
12/24日  大阪北新地キャプテンカンガルー  with フライングダッッチマン 他
12/30日  大宮 Blueeyes  ”狂人企画”
2013/1/17  木屋町Urbanguild  with 魚雷魚 他
1/27    西院ウーララ  (詳細はまだ良く知らない)
posted by dico at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

FirebirdのPU交換

 Gibsonのファイアーバードを長年愛用してるんですが、使いだして16年になります。PUをP90からハムバッカーに交換して弾いてました。1965年製で、けっこう状態の悪いものを安く買ったのでオリジナルのP90は買ってすぐ断線してしまったのです。取り付けねじの締めすぎでピックアップがくの字に折れてしまった状態で、それでピックガードごと作り直してPUをのせ換えていたんですが。当時P90のフィーリングがあまり好きではなかったのでHBにのせ換えて長いこと使ってたんですが。その生き残ったPUはいまSOFTで僕の自作ギターに載ってがんがん活躍しています。

 でも最近調子が悪くなってきたので、元の姿に戻してみることにしました。古くなって音を拾うようになってきて、歪ませた時のハウリングが激しくなってきてステージで使いにくくなってきました。それと最近バンドがなんかシングルコイルの音のほうがいいかな?って感じもあってのことなんですが。
KC4B0002.jpg

大枚をはたいて、ダンカンのP90を3個購入しました。でもこれは、オリジナルのギブソン製のP90に比べて、5〜6mmも厚みがあるので、ギター本体のほうのピックアップの取り付け穴を掘り下げてやらないと取り付けが出来ません。ギブソンのやつはほぼ黒いプラスチックケースから後ろがはみ出していなかったように思います。

PAP_0002.jpg

 取り付け穴をトリマーで掘り下げ作業の写真です。導電塗料が緑色に錆びています。15年ぶりにオリジナルのピックガードを出してきましたが、ギター本体に合わせてみると、激しく縮んでいて合いません。ピックアップの穴も小さくなってP90が入らなくなっていました。昔のギターなんで、ピックガードはセルロイド製なので縮んでしまったのでしょう。でも今のギターのような塩ビ板なら50年ももたないような気もします。

PAP_0000.jpg

 外したお役御免のピックガードとPUです。
PAP_0003.jpg

フロントがダンカンSH2,リアがギブソンのハムバッカーで、元々はオービルのSGについていたものです。このダンカンSH2がかなり外音を拾ってしまって、マイクと化していて、ステージではかなりハウるようになってしまっていました。古い初期のダンカンSH2で、良い音してたんですが。
 
KC4B0001.jpg

 完成です。消えてしまってたファイアーバードのエンブレムも入れ直しました。15年ぶりにオリジナルの姿に戻りました。でも配線はオリジナルではなく、2PUの1ボリューム1トーンに、ミドルPUをミックスする感じの回路です。
_3PU_schematics.jpg



 


posted by dico at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

騙されたということ、、選挙、政治

 選挙が公示になって、大忙しだった看板屋も、一段落しました。しかもこの月末からライブが3本立て続けで、もう寝る間がなくて疲労困憊してしまいました。
 昨日は河原町の新福菜館(ラーメン屋)が毎週やってるイベント”オキュパイ”でギター弾き語りライブしてきました。人前で弾き語りなんて、この年になって初めての経験でしたので、ステージ慣れはしてるせいか緊張はなかったんですが、刺激的でした。



 選挙の仕事は、ポスター掲示板のベニヤ看板を町中につけてまわったり、いろんな政党の選挙事務所の看板をつけたりするのですが、トラックに自民党と共産党の看板をごちゃ混ぜで満載してるという状態で、取り付け現場では、ちょっと離れたところに車を止めて看板を運んでました。
 もう20年も、選挙のたびに看板であくせくしてて、それで否応無しに”政治”のことを選挙のたびに考えてしまうのです。選挙の看板をつけながら、トラックで奔走しながら看板屋はごちゃごちゃと政治を語り合っています。

 でも、選挙っていっても、政治なんてでたらめばっかりですよね。少なくとも、自民党と民主党には私たち国民は実際に”騙された”ということをしっかり意識しておかないといけないと思うのです。それと、石原某は、自分の人生の終わりがすぐそこに迫っている時に、自分が”偉人として世に語られること”のためにいま必死になっている。彼は自分至上主義者だと思います。
 その点では小沢さんもそうだと思います。小沢さんは、汚いものに首まで浸かって生きて来た中できれいなものを最後に欲しているようにも見える。でもそれが小沢さんの人生最後のだまし討ちでないとは限らない、、、僕にはそこは読めません。
 今度の選挙でも、どこの政党が椅子を射止めようとも、国民はまた騙されるのだと思うのです。資本主義(お金至上主義)の社会は、騙したもの勝ち、詐欺師こそが主導権を握ることが出来るのだと思うのです。彼らは究極の商売人、商売のエキスパートなのだと思います。”商売人”というのは、収入に忠実で支出に堂々と嘘を試みるのです。

 公立高校の授業料免除も嘘でしたし、八場ダム工事中止も、無駄な公共事業中止も嘘でしたし、高速無料化も嘘でしたし、、、”脱原発”もたぶん嘘なのだと思います。増税は彼らの心からの願いです。将来、消費税増税は、国民にほんの少しだけ還元され、その事が100倍も誇張されてテレビで宣伝されることと思います。

今度の選挙に投票するにあたって、この記事を読んでおくべき,,,皆さんにお進めします。

政党名と欺瞞性・・・なぜ我々は「民主党」にダマされたか?

そんな政治家たちを選ぶ今度の選挙なのですが、投票に行かないなんていうことはもってのほか、日本の社会に対して無責任きわまりないと思います。僕は選挙の投票は憲法で義務化すべき、投票の否権には罰金を科すべきと思います。

 お金の社会にはもううんざりですし。日本を再生したいのなら、資産の上限を法律化して、例えば5000万円ぐらい以上の個人資産は国が税として没収すれば良いと思うのです。そうすれば会社にお金が出てきて、お金が世の中を回りますし、国民はお金への執着が無くなりますし、生きるのに何の苦労も必要ないような,のぼせ上がった毎日を送る人間も減りますし、、お金以外のいろいろなことも活性化してゆくんじゃないかと思います。

欲の深い心が自然に没落してゆくようなシステムこそが、良い国のために必要だと思うのです。片方の羽根だけで飛ぼうとしても無理ですよってことですが、そんなのは当たり前のことだと思います。

 だから共産党も自民党もだめな政党なんだと思うのです。維新の会は、特に某太郎はやばい。国家社会主義を目指している。それは”国のための国民”、今は名ばかりの”国民主権”すらも、将来危うくなってしまうのかもしれないと思います。橋下さんは、今大阪にいるから地方主権を主張し、国政に席を得たなら国粋主義に転換するとのではないかと思います。かれも”自分主義者”、、、でも”自分主義者”っていうのは、人としてはごく平凡で普通なことなんだと思うのです。橋下さんも石原さんも凡人だと思います。


posted by dico at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。