2012年11月29日

今日はDICOライブします。

moku.jpg

DICO
数えきれない
耳pro
MORTALIZED


OPEN 18:30 / START 19:00

adv.2000 yen with 1drink / door.2500 yen with 1drink


木屋町アーバンギルドにて。来てね。

12月は(活動の鈍い僕らにしては)ライブ目白押しです。


☆12/2  三条バターリングラムにて、Amadoo、Softなどの面々とセッションライブします。
☆12/3  三条新福菜館オキュパイ、ラーメン屋でSab Solo Live,,,
☆12/14 北白川ビバラムジカ/ギターヒーロー観光協会、DICO,他
☆12/20 北白川ビレッジ、
☆12/24 大阪北新地キャプテンカンガルー/フライングダッチマン、DICO,マーリン、他
☆12/30 四条大宮のへんでよく知らんけど、”狂人企画”というイベントに出ます。

そんだけ。

jacket_2.jpg

自主制作のCD作りました。いまんとこメンバーの手売りだけだけれども。デモ音源的な感じでもあるのでCD屋さんには並ばないとは思いますが、頑張って作って、親しいお店なんかには置いてもらおうと思ってます。 ロックバンドやって、自分たちでしこしことデモ音源作って、売って、、、日本全国からオファーの絶えなかったSOFTとはまた違って、なんかやってることが未だにむかしみたく、でもなんか若々しくていいなって思う今日この頃です。






posted by dico at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

UREI 3台目(第3回)

 続きです。今日はハンダづけの補修とAUX切り替えのロータリースイッチの接点洗浄をやってしまおうと思っていたのですが、、、

CA340325.jpg

 写真のように、各チャンネルごとにボリューム、バランスポットと、AUX切り替えのロータリースイッチが載った基板が仕込んであるのですが、この機材はフォノチャンネルとAUXの1〜3の5枚が、元々のUREI製ではないと思われる色違いの基板に差し替えられています。奥の緑が濃いのがオリジナルの基板です。その5枚の基板だけハンダづけが仕上げが悪くて、しかも見た目にえらくよじれているのが当初から気になっていたんですが、、、
 分解しようとすると、その基板がきつくこぜてじまってどうにも外れない。
CA340324.jpg
 やっとの思いで外してみると、基板上の部品の取り付け位置がズレているのです。一番上のロータリースイッチの取り付け位置が2mmほどシャーシの穴とずれていて、それを無理矢理押し込んであったものだから、えらく基板が曲がっていたのはその為です。このずれた基板の出所は分からないのですが、手作りではなく、どこかの基板製作メーカーでちゃんと作ったものです。
CA340321.jpg
 ずれた穴に押し込むために、ボリュームポットは少し斜めに取り付けられています。ロータリースイッチは、かなり横向きに力がかかっていたので形がよじれてしまっていました。おまけに基板裏でハンダが割れて足が基板から引っこ抜けかけていました。

 さてこれをどうしたものか、、、基板を作り直すか?そんなのは予算的に出来ないし,,,とりあえず今日は寝るか、、と思ったんですが、これは現実的に考えてシャーシの穴をずらすのが一番ということで、リューターとヤスリでシャーシの穴を長穴型に広げてました。
CA340326.jpg

基板上の部品も、斜めに取り付けられているのを直して、ハンダづけを全部やり直します。
CA340327.jpg

 ロータリースイッチは、接点復活剤でグジョグジョになっているのをパーツクリーナースプレーで洗い落として、爪楊枝の先でほんの少しだけ接点復活剤をつけ直しておきました。

今日はここまで。




posted by dico at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器制作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

UREI1620の修理3台目 (第2回)

 第2回です。修理にかかります。
CA340320.jpg
まず状態を観察します。けっこう使い込まれた機材のようで、あちこち修理したあとがあります。しかもそれがあきらかにプロの仕事ではないような、、、
 過去に、自分で電気いじりがある程度出来る人が所有してたんでしょうか?








--つづき--
posted by dico at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

UREI1620の修理 3台目(第1回)

CA340318.jpg

 Juzu a,k,a Moochy のUREI1620は修理完了して戻って行きました。で、順番待ちになっていた3台目のUREI1620の修理にかかっています。これは僕の旧知の友達、元SOFTのDJ Shinnkichi のもので、はるばる沖縄からオーバーホールのためにやってきました。
 このミキサーは2台目のMoochyのミキサーよりも随分状態は悪く、フォノチャンネルは1,2ともにボリュームを最大にするとスピーカーからかすかに聴こえるほどハムが出ていました。両チャンネルとも同じ感じでハムが出ているので、原因は多分電源回路の劣化でしょう。その他は例によって、裏の端子類がガタガタなのと操作ツマミ類のガリです。
 今度は改造はなく、持ち主は今の音に不満はなくて、今の音を出来るだけ維持したいとのこと。改造がないのでサクッと、2〜3日の作業で終わりそうです。

 で、今日ははるばる大阪日本橋の電気街に、修理パーツを買いに行ってきました。
CA340293.jpg
 デジット(パーツ屋の名前)に、UREI1620にそのまま使える基板用のRCA端子が売っているからです。全く同じものではなく、1グレード上の金メッキなんですが。1個55円なり。安い! けど、大阪までの往復電車代2000円と休日を半日使ってますからね。金かかってます。 こんなものはなかなか探しても手に入りにくいんですが、たまたまデジットに売ってるのを覚えてました。

CA340295.jpg
 ついでに無駄な買い物も、、、大きなピエゾ素子。これを僕のアコギにつけてエレアコに改造してみようかと。これにLEDを繋いで素子を指ではじくとLEDが光ると売り場に書いてあったんで、やってみると本当にピカっとLEDが光りました。1個200円なり。
CA340296.jpg
もうひとつは、エンドレステープの小さなテープレコーダー。1分録音出来てエンドレスに再生する。大きさは5cm角。これで小さなサンプラーとかテープエコーが作れないか?って思ってワクワクして買ってしまった。これも200円なり。
CA340294.jpg
 脱線を戻って、修理のために買ってきたパーツ。電源のダイオード1N4007は100本入りを買ったほうが単価が安いんでまとめ買いしました。1本30円だけど100本なら単価8円。どういう商売してるのかは謎ですが深くは考えないことにしています。あとは電源のミューズコンデンサーと、出力端子に使う、少し上等な MOGAMI製のRCA端子。
 この端子の音がどうとか、金メッキは音が、、云々とか、オーディオおたくのようなそういうことは気にしません。金は錆びないので現場で接触のトラブルを起こさない。プロDJが使っている機材なので、これにつきます。

つづく。




posted by dico at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

UREI1620 2台目(第4回)

 2台目完成しました。
CA340286.jpg

CA340287.jpg

 大改造でしたから、けっこう大変でした。 
もうこの機械のどこがどうなってるのか全部覚えてしもたわ。


--つづき--
posted by dico at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。